世界って本当に

「きれい…。世界って本当にきれい」


ジブリ映画「紅の豚」に出てくるフィオという女の子ががテスト飛行でしみじみと呟く言葉だ。
f:id:dengpao90:20220402220137j:plain


あの言葉をしみじみと言いたくなる時、ああ、幸せだなあ、と思う。


冬空に映える富士山を見たときや、蘇州の寺院で祈りを捧げる人々を見た時、ロイヤル・コンセルトヘボウドキュメンタリー映画で楽しそうに笑う人々の顔を見た時、スペインの街角で朗々と歌う人とそれに拍手を送る人を見た時、目の中に入り切らないくらい近くで見た大きな花火、ラグビーワールドカップの時、夕焼けのきれいな日産スタジアムでみんなでカントリーロードを歌ったあの時。

f:id:dengpao90:20220402221127j:plain
美味しくて楽しくて、よく笑った思い出しかない、仙台のとんかつ屋さん。


今日は、なんだかちぐはぐな一日だった。
たまにこういう日があるのだ。
どうしてだか反対方向の電車に乗ってしまったり、びっくりするほど道に迷ったりする時が。
今日はカメラを持って出かけたのに、カメラの電池は充電切れで、当然カバンに入っているはずのモバイルバッテリーも忘れてきていた。
まあ、こんな日もあるか。

f:id:dengpao90:20220402221707j:plain
仕方なくスマホで写真を撮ればスカイツリーは見事に切れてるし。


ああああ、スマホの電池が弱ってきているのに、モバイルバッテリー忘れてきちゃった。仕方ない、コンビニで買う?でも2000円くらいするしなあ、と悩んでいたときにふと「そういえば昨今の世の中にはモバイルバッテリーのレンタルがあったはず」と思い出して、電池の残り少ないスマホで調べた。


あった!!


すぐさまアプリをダウンロードし、近くの店を探す。
そして、帰り道、駅前のコンビニでモバイルバッテリーを借りることにした。
使い方はとても簡単で、アプリを入れたら、近くにある取扱店を探し、取扱店のバッテリースタンドでQRコードをスキャンして支払い方法を選ぶだけだ。
ケーブルがない!と一瞬焦ったがちゃんと裏についている。

f:id:dengpao90:20220402222435p:plain:w400


左からUSB-C、Lightning、MicroUSBだった。すごい!なんて便利なんだ。
すぐに充電をして電車で帰り、最寄り駅構内のローソン売店で返却。返却はバッテリースタンドにバッテリーを差し込むだけだ。
1時間で330円だった。


便利…世界って本当に便利…!
あまりの感動にネットで調べたところ、最近値上がりしたらしく「改悪!」と怒っている人が多かったが、私は久しぶりにこんなにも感動した。


もちろんモバイルバッテリーを忘れなければいいだけだ。
でももしも忘れても、こんなにも心強い助っ人が私を助けてくれるのだ。ありがたい。
インターネットが発達し、スマホが普及し、ネットバンキングや電子マネーが主流になり、どんどん便利になる世の中で、それを当たり前のことのように享受し、きっとモバイルバッテリーレンタルのこともすぐに「当たり前じゃん、え?ないの?」なんて思うようになるのだろう。

f:id:dengpao90:20220402223633j:plain
2017年6月。こんなのってもう、極楽浄土なんじゃないかと思った尾瀬


でも今日、こんなにも便利さに感動したことを忘れずにいたい。
これは当たり前のことじゃなくて、そして「当たり前」にするために誰かが頑張ってくれていること。
そう思ったら、世界って本当にきれいで、幸せなことね。