相撲ニュース 5/14

玉鷲 3場所連続金星!同一横綱からは57年ぶり「うれしいと信じられないの2つの気持ち」

元気の源は家族だ。「守る人がいるので、痛いと言っている場合じゃない」と初土俵から一度も休みなく出場を続けている。最近は2人の息子も自身の取組を楽しみにしており、「勝ったか負けたかいつも聞いてくる。相撲を分かるようになってきて凄くうれしい」と父の顔を見せた。


子供と話してるところ想像したらすごく可愛い。息子ちゃんもニコニコ顔なのかな。

二所ノ関親方 真眼

相撲は相手が出てくると差し身は入りやすくなるものですが、若隆景はじっくり頭をつけて出なかった。我慢して左の下手を嫌われたことで、逆に高安が根負けした。大型力士が嫌がるお手本のような取り口。私が対峙したとしても、もう勘弁してくれ!出てきてくれよ!という気持ちに陥ったでしょう。


作戦負け、我慢負け、結構な完敗だと思います。小兵が体重差のある相手を負かすには、一つ一つの計算式を解いていないと答えは出ない。地道に作業をこなす若隆景の緻密さが出た相撲で、調子が悪いから前に出ないということではありません。


稀勢の里は弟弟子の髙安をすごく可愛がって心配しているから、複雑な心境だろうなあと思いながら読んだ。
先場所千秋楽の親方チャンネルに白鵬と一緒に出ていたけど、優勝決定戦前はソワソワして手に汗をかいていて、高安が負けたあとはしばらく固まってた。
白鵬が一生懸命稀勢の里を慰めたりフォローしていたりして、あの白鵬の優しさも、弟弟子を心配する稀勢の里の優しさもすごく印象に残ってる。
一緒にやってきた分、近くで見ている分、同じ世界で生きている分、傍から見ているものよりももっと強い気持ちがあるだろうな。


www.youtube.com

尾車親方

28歳で引退した私が論じるのは場違いかもしれないが、37歳は未知の領域だ。同じ二所ノ関一門の力士としてずっと注目してきたが、稽古の量と質は称賛すべきものがあった。一門の合同稽古では幕下以下の力士と同じ時間から汗をかき、土俵では人一倍の番数をこなしてきた。玉鷲のはち切れそうな体を見て「3年先の稽古」という言葉を再確認した。


アスリートや力士は本当に現役生命が短いから、37歳っていうのはすごいことだよな。普通の人間だったらまだまだ若いけれど、37歳で「毎日戦おう、体をぶつけよう」って思える気力がすごい。

北の富士コラム

  • 昨日苦言を呈した豊昇龍が見事な相撲で大栄翔を下した。私の一言が効いたとは思わないが私は満足である。これで文句を言った甲斐があると言うものだ。
  • 照ノ富士の立ち合いの失敗もあったが玉鷲の馬力は恐ろしいほどである。これで37歳というのだから「恐れ入谷の鬼子母神である。本当は27歳じゃないかと思ってしまう。今現在幕内で一番強いのは玉鷲じゃなかろうかと本気に思ってしまう。優勝に一番近い力士であると言って良い。
  • 大関横綱陣はひどいの一言だ。誠にお粗末極まりないありさまである。
  • それでは皆さん、ひどい相撲ばかりで申し訳ありません。


高安×若隆景の取組、稀勢の里は若隆景を褒めていたけど、北の富士さんは「力の出しどころが遅い」と書いていた。
でも、昨日はあの取組と玉鷲が一番良かったかなってくらい、あまりパッとしなかったな、確かに。こんな日もある。